日本体育大学 トレーナー研究会|ストレッチング・テーピングなどトレーナー活動

ストレッチングやテーピングなどのトレーナー活動を通じて最高の環境でアスリートをサポートしています。

0000552608.jpg

HOME ≫ 活動内容 ≫

活動内容

活動内容一覧

ATルーム

学内現場

【健志台キャンパス】

【世田谷キャンパス】

 

学外現場

 

健志台ATルーム

健志台キャンパスで活動している部活・サークルの選手に対して、コンディション調整を主としてサポートを行っている。また、現場で必要なRICE処置やストレッチング、テーピング等の実技練習を行っている。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • ストレッチング
  • セルフケアの指導
  • テーピング
  • ホットパック
  • 自主学習
  • 実技練習
■学生ヘッドトレーナー
渡邉 直穂
■学生アシスタントヘッドトレーナー
長野 蒼平
 

世田谷ATルーム

世田谷キャンパスで活動している部活・サークルの選手に対して、コンディション調整を主としてサポートを行っている。また、現場で必要なRICE処置やストレッチング、テーピング等の実技練習を行っている。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • ストレッチング
  • セルフケアの指導
  • テーピング
  • ホットパック
  • 自主学習
  • 実技練習
■学生ヘッドトレーナー
鈴木 峻也
■学生アシスタントヘッドトレーナー
滝口 彩夏
 
 

アーチェリー部

肩関節や腰部の障害が多く、主にそれらの予防と競技力の向上を目的として活動している。また、選手自身に自己管理を徹底させるため、セルフストレッチングの指導も行っている。障害が起きやすいフォームや改善点を見つけられるように各選手とコミュニケーションを取ることも心がけ、活動を行っている。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • ウォーミングアップ
  • ストレッチング
  • テーピング
  • トレーニング指導
  • ホットパック
■担当トレーナー
木下 凉雅

硬式野球部

活動の多くは障害の予防である。パフォーマンスへの影響が出る前に対応するため、日々選手とのコミュニケーションを大切にし、選手自身がコンディショニングの意識を高く持てるように努めている。野球部のATルームの運営・管理により、常にベストな状態でサポートが行えるよう心がけている。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • ウォーミングアップ
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング
■学生ヘッドトレーナー
古内 孝朋
■学生アシスタントヘッドトレーナー
高田 将成

ゴルフ部

スイング動作を繰り返すことに伴い慢性障害を起こしやすいため、それに対する予防とケアを行っている。個人での遠征が多いため、選手自身でコンディションを高められるように指導を行っている。

~活動内容~

  • アイシング
  • ウォーミングアップ
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング
  • トレーニング指導
■担当トレーナー
杉山 大起

 

サッカー部(女子)

コンタクトプレーが多いスポーツであり、下肢の外傷・障害の発生頻度が高い。ベストパフォーマンスが発揮できるよう、選手へのコンディショニング指導を徹底している。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • ウォーミングアップ
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング
  • トレーニング指導
■学生ヘッドトレーナー
岩井 莉夏
■学生アシスタントヘッドトレーナー
篠 有咲

サッカー部(男子)

下肢の外傷・障害が多く捻挫や打撲、肉離れ等、多様な疾患に対する対応力が求められる。最も重点を置いているのは外傷・障害の予防である。トレーニング指導だけでなく、セルフケアに対する意識の改善など多角的にアプローチしている。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • ウォーミングアップ
  • 応急処置
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング
■学生ヘッドトレーナー
柳井 柊弥
■学生アシスタントヘッドトレーナー
玉田 一斗

自転車競技部

ストレッチングを中心として、選手のコンディションについて維持・向上に努めている。また、監督・コーチと選手との仲介役となり、より良いチーム環境作りも心がけている。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • ウォーミングアップ
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング
  • ホットパック
  • 練習補助
■学生ヘッドトレーナー
柴山 拓海
■学生アシスタントヘッドトレーナー
前田 響生

スケート部(女子アイスホッケー)

氷上でのパフォーマンス向上を目的としたトレーニング指導を行っている。また、主として日々のトレーニングによる身体の変化を選手自身が実感し、コンディショニングの意識を高めるため、身体組成を定期的に測定し、フィードバックを行っている。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • ウォーミングアップ
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング
  • トレーニング指導
  • モニタリング(身体組成)
■学生ヘッドトレーナー
高橋 叶未
 

スケート部(男子アイスホッケー)

「氷上の格闘技」とも呼ばれるコンタクトの激しい競技であり、フィジカルの強化が重要となる。毎日リンクで練習することができないため、陸上トレーニングも含めたトレーニング指導を主とした活動を行っている。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • ウォーミングアップ
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング
  • トレーニング指導
  • 練習補助
■学生ヘッドトレーナー
堀内 壮
 

男女硬式テニス部

試合時間が長い競技であるため、セルフコンディショニングの意識を高めることが重要となる。 試合ではMTOと呼ばれる“3分間で治療や手当てをしなければならないルール”があるため、トレーナーの迅速な判断と対応が求められる。

~活動内容~

  • アイシング
  • ウォーミングアップ
  • 応急処置
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング
  • トレーニング指導
  • ホットパック
■学生ヘッドトレーナー
藤村 周平
■学生アシスタントヘッドトレーナー
千葉 理沙
 
 

男女軟式テニス部

肩関節や腰部の慢性障害が多く発生する競技であるため、肩関節や胸郭、股関節の柔軟性が非常に重要である。コート上での瞬時の反応、体力向上を目的としたトレーニング指導や、セルフコンディショニングの指導を中心に行っている。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • ウォーミングアップ
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング
■男子学生ヘッドトレーナー
廣中 一機
■女子学生ヘッドトレーナー
谷口 雛花

 

男女バドミントン部

主に、アイシング・ストレッチング・テーピングを行っている。また、それらを選手自身が行えるよう、選手教育にも力を入れている。ウエイトトレーニングはNASSサポートと連携しており、フィジカルの強化含め、身体作りの面でもサポートを行っている。外傷・障害への対応や、復帰に向けてのアスレティックリハビリテーションも行っている。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • ウォーミングアップ
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング
  • トレーニング指導
  • ホットパック
■学生ヘッドトレーナー
鮎澤 幸
■学生アシスタントヘッドトレーナー
庭野 光彦

ラグビー部(女子)

コンタクトスポーツであるため、応急処置やストレッチング等、外傷・障害に対しての対応ができるよう努めている。また、外傷・障害を予防するために、ウォーミングアップ、クーリングダウンの指導を日常的に行っている。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • ウォーミングアップ
  • 応急処置
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング
  • トレーニング指導
  • ホットパック
■学生ヘッドトレーナー
松尾 萌子
■学生アシスタントヘッドトレーナー
浜田 梨花

アルティメット・チーム

競技の特性としては、サッカーに似ており、走動作やジャンプ動作の割合が非常に高い。下肢の外傷障害が多いため、それらを予防するコンディショニング指導を行っている。また、接触による脳震盪、脱臼、靭帯損傷などの外傷が多く、迅速で正確な救急処置を行うことが求められる。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • ウォーミングアップ
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング
■男子担当トレーナー
茂野 雅也
■女子担当トレーナー
土居 祐菜

カヌー部

海や川、湖といった常に不安定な水面でのスポーツである。肩関節や腰部等の慢性的な障害が多いため、選手にセルフコンディショニングを徹底するよう教育を行っている。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • 応急処置
  • ストレッチング
  • テーピング
  • トレーニング指導
■学生ヘッドトレーナー
三好 祐太朗

近代五種競技部

個人での遠征を見据え、セルフコンディショニングを行えるよう、指導している。また、下肢や腰部の障害が多く、予防のためのアプローチも行っている。水泳、フェンシング、馬術、ラン、射撃の5種目から成る競技で、各種目の競技特性を理解しサポートを行うよう努めている。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • ウォーミングアップ
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング
  • トレーニング指導
■学生ヘッドトレーナー
山本 真由

女子柔道部

どの部位も外傷障害が起こりやすい。外傷・障害を予防するためにウォーミングアップやクーリングダウンの指導を行っている。また試合前に減量があるため、選手の自立性を高めコンディショニングの徹底に努めている。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • ウォーミングアップ
  • 応急処置
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング
  • トレーニング指導
■学生ヘッドトレーナー
阿河 美由希

男子柔道部

どの部位も外傷・障害が起こりやすい競技であるため、選手自身のセルフコンディショニングの指導を中心に活動している。また、選手のみで行う朝練習のランニングトレーニングのメニュー作成など、トレーニング面のサポートも行っている。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • ウォーミングアップ
  • 応急処置
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング
  • トレーニング指導
■学生ヘッドトレーナー
彦坂 祥五

ソフトボール部(男子)

水・土・日の週3回、慢性障害の予防を中心に選手へのサポートを行っている。また、受傷した選手に対しては再受傷防止と復帰後のパフォーマンス向上のために、アスレティックリハビリテーションを行っている。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • ウォーミングアップ
  • ストレッチング
  • テーピング
  • ホットパック
  • 練習補助
■担当トレーナー
若生 直也

男子アルペンスキー部

雪上で行う特殊な競技であるため、競技特性を理解しトレーニング指導やケアを行う必要がある。シーズン中は選手個々でシーズンを送るため、セルフコンディショニングが行えるよう指導を行っている。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • ウォーミングアップ
  • 応急処置
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング
  • トレーニング指導
  • 練習補助
■学生ヘッドトレーナー
藤田 颯

チアリーダー部

膝関節や足関節、脳震盪(のうしんとう)などの急性外傷のみならず、肩関節や腰部の障害も多く発生する。部分的ではなく、全身に外傷・障害を発症する競技である。練習量が多いため、選手にセルフコンディショニングを徹底するよう教育を行っている。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • 応急処置
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング
  • トレーニング指導
  • ホットパック
■学生ヘッドトレーナー
石賀 遥美

 

トランポリン競技部

空中でのパフォーマンスであり、高い時には7から8ⅿも跳ぶ。疲労による慢性障害や時として重大な急性外傷が起こり得るため、日頃から選手自身の自己管理能力の育成に力を入れている。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • 応急処置
  • ストレッチング
  • テーピング
  • トレーニング指導
  • ホットパック
  • モニタリング(身体組成)
■学生ヘッドトレーナー
森岡 沙織

フェンシング部

激しい攻防、駆け引きの中で鉄製の剣を使用して突き合い、斬り合いをするため、外傷・障害の多い競技である。個人で大会に出場することもあるため、セルフコンディショニングの意識付けも行っている。

~活動内容~

  • アイシング
  • ストレッチング
  • テーピング
  • ホットパック
  • トレーニング指導 
  • アスレティックリハビリテーション
■学生ヘッドトレーナー
井田 雄介

ボクシング部

水・土・日の週3回、サポートを行っている。試合前は減量があるため、選手のコンディション調整や体調管理に力を入れ活動を行っている。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • 応急処置
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング
■担当トレーナー
福士 哲平

軟式野球部(男子)

合宿や大会時にチームに帯同し 、トレーナー活動を行っている。
活動内容は、ウォーミングアップやク-リングダウン、トレーニング指導などを行っている。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • ウォーミングアップ
  • 応急処置
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング
  • トレーニング指導

ウエイトリフティング競技

全日本マスターズウエイトリフティング競技選手権大会にてトレーナーステーションを設置し、救護活動を行った。また、急性外傷が発生した際にドクターの補助として活動も行った。

~活動内容~

  • アイシング
  • 応急処置
  • テーピング

サッカー関東選抜

毎年行われるデンソーカップチャレンジサッカーに向けた関東大学選抜の強化合宿や選考会等のサポートを行っている。他大学の選手が多く集まることから、状態把握のための密なコミュニケーションを図るように努めている。

~活動内容~

  • アイシング
  • 応急処置
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング

全日本女子野球連盟運営補助

全日本女子野球連盟が主催する大会において、パンフレットの販売や試合でのメンバー表の交換など、多岐に渡った運営補助を行っている。

~活動内容~

  • 運営補助

タートルマラソン

参加人数が毎年1万人を超える大きな大会であり、種目はハーフマラソンやウォーキング、親子ペアでのマラソンなどである。 対象者の年齢層は幅広く、パフォーマンスレベルにも差があるため、対象者に適したストレッチングやコミュニケーションを図るよう努めている。

~活動内容~

  • ストレッチング

第一三共カップメディカルセブンズ

関東ラグビーフットボール協会 などが主催するセブンズラグビーの大会である。活動は、練習や試合前のテーピングや 、急性外傷に対する応急処置を行っている。幅広い年代の選手への対応が求められ、各年代に合わせたサポートを心がけている。

~活動内容~

  • アイシング
  • 応急処置
  • テーピング

綱引き連盟運営補助

綱引き選手権大会等における会場の設置及び解体、物品販売や表彰式の補助等を行っている。

~活動内容~

  • 運営補助

東京都成年男子ソフトボールチーム

日本体育大学の選手を中心としたメンバーで構成されており、練習試合や関東国体予選、本大会のサポートを行っている。社会人チームとの連戦になるため、セルフケアの意識付けや外傷・障害の予防に努めている。

~活動内容~

  • アイシング
  • アスレティックリハビリテーション
  • ウォーミングアップ
  • ストレッチング
  • テーピング
  • ホットパック

日米大学野球代表選考合宿

大学日本代表候補選手の練習とオープン戦のサポートを行っている。毎日コンディションチェックを行い、ベストコンディションで合宿に臨めるよう、サポートを行っている。

~活動内容~

  • アイシング
  • ウォーミングアップ
  • 応急処置
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング

福島県立ふたば未来学園高校(旧:富岡高校)バドミントン部

インターハイに帯同し、大会直前の練習から本大会までのサポートを行っている。大会中は連戦となるため、ストレッチングを中心としたコンディション管理を行っている。

~活動内容~

  • アイシング
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング

ホノルルマラソン

一般ランナーを対象とし、完走できるよう、テーピングやストレッチングの指導を行っている。
大会当日は、不測の事態に備え沿道に待機し、応急処置なども行う。

 

~活動内容~

  • ウォーミングアップ
  • 応急処置
  • クーリングダウン
  • ストレッチング指導
  • テーピング
  • テーピング指導

松戸陸上

松戸市で行われている陸上記録会に接骨院の先生方と一緒にトレーナーステーションを設け、参加選手を対象にサポートを行っている。小・中・高生が出場する大会であるため、成長期における外傷・障害の予防として、セルフコンディショニングの指導にも努めている。

~活動内容~

  • アイシング
  • 応急処置
  • ストレッチング
  • テーピング

U-15野球日本代表

U-15野球日本代表チームに帯同し、ベースボールワールドカップと直前合宿のサポートを実施した。ウォーミングアップからクーリングダウン、選手のケアやトレーニング指導など、多角的にアプローチを行った。

~活動内容~

  • アイシング
  • ウォーミングアップ
  • 応急処置
  • クーリングダウン
  • ストレッチング
  • テーピング
  • トレーニング指導
  • 練習補助

レスリング競技

大会毎に要請を受け、トレーナーブース内で試合に出場する選手へのテーピングや、急性外傷が多く発生するためマット上での迅速な応急処置を行っている。小学生から社会人まで幅広い年齢層へのサポートを行っている。

~活動内容~

  • アイシング
  • 応急処置
  • テーピング

本学オープンキャンパス

本学で開催されるオープンキャンパスにて「テーピングを巻いてみよう」のブースを設け、高校生を対象にテーピングの指導を行っている。初めてテーピングに触れる方も多く、自分の持っている知識を分かりやすくアウトプットできるよう努めている。


学内トレーニングセンター受付業務

健志台・世田谷両キャンパスのトレーニングセンターにおいて受付業務を行っている。業務内容としては施設の管理・運営やトレーニングセンタースタッフの補助などである。


各種競技大会におけるシャペロン業務

各種競技大会にて行われるドーピング検査において、シャペロニングを行っている。


アクセスカウンター

トレ研Blog

トレ研Twitter

モバイルサイト

日本体育大学 トレーナー研究会スマホサイトQRコード

日本体育大学 トレーナー研究会モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!